PAGE TOP

引越し料金を安くしたい

引越し体験記 横須賀から仙台への逃避行

引越しは急がないと大変なことになります。現実逃避をする前に少しずつ準備をしていくのが大切です。

単身の引越しだからといって放置しているとひどい目に合う

引越しは家族での移動はもちろんなのですが、単身でも大変なものです。荷物が少ないからいいや〜と放置していて、意外と物が多くて引越しできなかったというのはよく聞く話です。

特に、春先などに引越しの予定がある人は特に注意が必要です。私は、引越しする1週間前に引越し会社に見積り依頼をしたのですが、どこもいっぱいで、もう受けられる時間がないという回答が返ってきました。

3月の後半だったのですが、結局のところ荷物が移せずに、日割りで家賃を支払わねばならないという散々な結果になりました。

さらに、年間の中でも最も高額になる引越しの時期と言うことで、単身の引越しでも横須賀から仙台の引越しで7万円という結果に。なんとか予約を取れた小さな引越し会社でそれなので、アート引越しや日本通運などの大手ですと、もっと金額は高くなるのではないかと思います。

近場の引越しでも空きがなければ予約できませんよ?

例えば隣の市や、50km程度の距離の引越しでも、予約が遅いと引越しできないケースがあります。あったとしても、相場よりも数万円高いケースなどが多いので、大幅に損をしてしまうことが多いでしょう。

単身や2人暮らしの引越しなどでよくあるのが、友人に手伝ってもらおうと思っていたのに、直前になって都合が悪くなり結局自分ひとりか、夫婦だけで引越しをしないといけないというケースです。

その日のうちに荷物を引きあげないといけないのに、最悪の場合間に合わないというケースも多いです。

神奈川県から引越しをする予定のある人は横浜からの引越しり料金情報も参考にしてみてくださいね。

長距離の場合は絶対に引越し会社を利用すべき

大きな荷物があって、100km以上にも及ぶ長距離の引越しをするには、絶対に引越し会社を利用すべきでしょう。大型の荷物はまず運べません。新居で大型の荷物を自分たちで運ぶのは、かなり労力がかかりますし、もしかすると近隣の人に迷惑をかけてしまうケースもあるのです。

どうしても単身などで長距離の引越しを自分でする場合には、大型のものはほとんどを処分してしまうのがオススメです。冷蔵庫やベッド、テーブルやソファなどはマイカーに乗らないケースがほとんどでしょう。単純に処分するとお金がかかってしまうことが多いですから、リサイクルショップなどに一度相談してみると、意外とお得する可能性があります。

Copyright (c) 2014 引越し体験記 横須賀から仙台への逃避行 All rights reserved.