PAGE TOP

新しい地に引越ししたらさっそくご当地グルメを

引越し体験記 横須賀から仙台への逃避行

引越しは急がないと大変なことになります。現実逃避をする前に少しずつ準備をしていくのが大切です。

引越しの疲れを分厚い牛タンで癒しました

引越しは辛く、面倒な作業ですよね・・。ましてや長距離の引越しとなると、移動だけでも疲れてしまいますし、住んでいた場所との気候の違いや生活面での様々な変化に対応せねばなりません。

さらに、転勤などでの引越しであれば新しい仕事場でのプレッシャーなどもあるでしょう。でも、引越しは悪いことだけではありません。新たな生活を楽しめるというメリットもあります。

わたしは横須賀という場所で、東京へ通勤する生活を送っていたのですが、このたび仙台へと転勤となり引越したわけですがやはり田舎度が違います。(笑)

なんとなくのんびりとした空気があり、心にもゆとりを感じられるようになりました。

田舎には田舎のこういった魅力があるのがいいところです。さらに仙台は、田舎なだけでなく中心地は賑わっています。名物の牛タンが非常に美味しいお店が多くて、これまで食べたことがないような分厚い逸品を引越し後に味わってきました。

もし引越しで憂鬱な気分になっているのなら、地場の美味しいものを味わうという楽しみを加えてみてはいかがでしょうか。新天地での生活に少し期待が持てるようになると思いますよ!

また、新天地での楽しみ方はそれだけではありません。観光という要素もあるのがひとつです。仙台とその周辺には松島などの日本三景と呼ばれる景勝地もありますし、伊達政宗ゆかりの荘厳な神社など数多くの文化遺産も残されています。

休日などで余裕のある日に観光プランを組んでみて少しでも新たな地の良さを感じてみてはいかがでしょうか。

関連記事
Copyright (c) 2014 引越し体験記 横須賀から仙台への逃避行 All rights reserved.