PAGE TOP

引越しに伴う手続きはとにかく多い

引越し体験記 横須賀から仙台への逃避行

引越しは急がないと大変なことになります。現実逃避をする前に少しずつ準備をしていくのが大切です。

電気や水道、ガスなどのインフラ関係を要チェック

引越しに関していろいろと手続きが必要です。まずは電気、水道、ガスなどのインフラ関係の確認です。電気、水道などは基本的に立会というものがないので、電話連絡や最近ではインターネットでの手続きだけで完結できるというケースがあるそうです。

問題はガスで、これは元の住居でも立ち合いが必要となっています。新しい住居でのガスの開栓にも立ち合いが必要となっています。プロパンガスなどですと、当日にお金が必要になることがありますので、よく確認してみるのがいいでしょう。

都市ガスに比べてプロパンガスは金額がべらぼうに高い!

都市ガスだった人が、プロパンガスの住居などに引越して驚いてしまうケースが多いようです。

これまで2千円とか3千円程度で住んでいた金額が、プロパンガスになると、その倍以上になることが多いのです。ぼったくりかとも思えてしまう金額ですが、プロパンガスは総じて高いということを念頭に置いておく必要があるでしょう。

例えば家を選ぶ時に家賃なども重視すると思いますが、ガス会社はどこなのか?ということを考えておくのも必要です。それいかんで月々の出費も大きく変わってくるということがあるのです。

自治体の転出、転入、住民票の取得などの手続きも

自治体に転出届を出したり、新しい住居の転入届を出す必要もあります。転出届がなければ住民票も取得することができません。住民票を取れる環境でなければ、パスポートの申請や、会社に出す書類や各種契約を結ぶ時に不都合になることも多いので、できれば住民票を移す手続きはしておいた方がいいですね。

関連記事
Copyright (c) 2014 引越し体験記 横須賀から仙台への逃避行 All rights reserved.